【実はこんなに怖い】 歯周病はどんな病気? vol.1

皆さんこんにちは。

歯科医師のらぼこです。

皆さん今日も美味しく食事はできていますか?

私は食べるのが大好きで、昼ご飯を食べ終わった直後にその日の夕飯を嫁に聞いています。

美味しくご飯を食べるためにはお口の健康はとても大切です。私は高齢者施設への訪問診療も行って降りますが、多くの入居者さんは食べることが一番の楽しみで、歯が痛かったり入れ歯が合わないととても辛いとおっしゃっています。

成人の多くの方がなっており、歯が抜ける最も大きい要因であるのが歯周病です。

今日から2回に分けて歯周病についての話をしようと思います。

前半の2つを本日、後半2つを明日書こうと思います。

本日のメニュー

  1. 歯周病はなぜ怖いの?
  2. 歯周病とはどのような病気?
  3. 歯周病の治療方法は?
  4. 歯周病の予防方法は?
  1. 歯周病はなぜ怖いの?
歯の喪失要因(厚生労働省HPより)

上のグラフは歯の喪失要因を表したものになります。

う蝕(虫歯)と歯周病で66.3%。虫歯により神経を取ったことが破折の大きな原因の一つと考えるとさらに%は上がると考えます。先程も書いたように、歯周病が37.1%と歯の喪失の最大の要因となっています。

年齢別でみていくと、30代から徐々に歯周病で歯を失う人が出てきて、60代後半から70代にかけてピークとなります。その後は歯の本数自体の減少により歯周病での歯の喪失は少なくなっていきます。

歯周病は虫歯と異なり、重症化するまで痛みは出てきません。そのため、”噛んでいたい”や”歯茎が腫れている”などの自覚症状が出てきた時にはもう抜かなくてはいけなくなっていることもよくあります。

また、歯周病は全身の病気と関連があります。

歯周病と糖尿病はその相互関係が分かってきています。歯周病が悪化すると糖尿病へも悪影響が及びます。

その他、誤嚥性肺炎や心臓病など生命の危険性がある病気への影響もあります。また、日常的な口腔ケアが高齢者の誤嚥性肺炎を減少させるというデータもあります。

最近ではコロナでのサイトカインストームと歯周病菌から出るLPS(歯周病菌が出す信号)が関与していると言われており、歯周病の治療がこのサイトカインストームを抑える一助になるのではないかとも考えています。(現状サイトカインストームを抑えられると確定しているわけではありません

このような直接的影響だけでなく、歯が無くなったことにより食事が食べられなくなり低栄養などから体力が落ち、免疫力が著しく低下することもあります。

研究報告がある段階ですが、残っている歯が少なくなるほど

  1. 寿命が短くなる
  2. 認知症の発生率が上昇する
  3. 骨密度が低下する

などの影響が現れてくると言われています。

  • 歯周病の怖いところ
    • 気がつかない間に悪くなっていることが多い
    • 全身の病気に関係しており、歯周病が悪化すると全身に悪影響が出る

このような悪影響がある歯周病とはどのようなものなのか次からみていきます。

  1. 歯周病とはどのような病気?
正常な歯
歯周病

左側が正常な歯で、右側が歯周病の歯です。

歯周病の歯は歯周病菌により歯槽骨(歯茎の骨)が溶けてしまった状態のことを言います。汚れ(歯周病菌)を取り除いたとしても、一度溶けてしまった骨は自力では元の状態までは戻りません。

歯周病は次の流れで進行していきます

  1. 歯に歯垢(プラーク)や歯石が付着する
  2. プラークや歯石中の細菌が悪さをする
  3. 歯茎が腫れて、プラークや歯石が歯茎の中に隠れる
  4. 歯茎の中で細菌が悪さをして歯槽骨を溶かす

歯槽骨を溶かした細菌はどんどん奥の方に溜まり、どんどん歯周病を悪化させていきます。

歯周病は上の図のように進行していき、重度歯周病となると歯がかなりぐらぐらしてものが噛みにくくなります。

歯周病になる一歩手前の段階が、歯肉炎になります。

歯肉炎とは歯周病菌により、歯茎が腫れている状態であり、歯槽骨はまだ溶けていません。つまり、歯周病菌を取り除く事によりほぼ元の状態に戻れます。

後にもう少し詳しく書きますが、少なくともこの状態までで予防的に抑えておきたいと私は常に考えて診療しています。

まとめ

  • 歯周病は知らない間に進行してしまう
  • 歯周病は全身の病気と関係がある
  • 歯周病は歯垢(プラーク)や歯石があるとなる
  • 歯周病になる前の歯肉炎で抑える

軽い症状のときに早めに治療する!

最後に注意事項です!!

本日説明した内容は一般的な治療内容ではありますが、レントゲンや肉眼所見など様々な要因を総合的に判断する必要があります。かならずかかりつけの歯科医院で正確な診断をしてもらって下さい。また、歯科治療は一人一人オーダーメイドの治療となります。患者さんの要望などにより一般的ではない治療を行うこともあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました